ムキムキプログラム インナーマッスルの役割とは?アウターマッスルとの違いは
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インナーマッスルの役割とは?アウターマッスルとの違いは

インナーマッスルという言葉はスポーツをしていた人なら聞いたことがあるとおもいます。

インナーマッスルを直訳すると、

奥、内部の筋肉となります

逆にアウターマッスルというと外側の筋肉、

いわゆるベンチプレスをしたりデッドリフトをしたりで鍛えられているほとんどがアウターマッスルになります。

服でもアウターやらインナーやらというので分かりやすいと思います。





インナーマッスルは筋肉の名前ではない



インナーマッスルを鍛えろとよく部活の監督コーチなどが言っているのは、

ある特定の筋肉の名前ではなく、

身体の内側(中心)、骨により近い筋肉の総称を指します。

深い部分にある筋肉なので深層筋と呼ばれていることもあります。

このインナーマッスルの役割というのは、

姿勢を崩さないようにバランスを取ったり、関節を安定させたりという働きがあります。

逆にアウターマッスルは比較的強い筋力を発揮することができるので運動をするときの中心がこれになります。

どこからがアウターでインナーか



ここからここまでがアウターでここからはインナーという基準はいまのところはっきりと決まってはいません。

なぜかというと筋肉は簡単に重なり合っているのではなく、

大きい筋肉や小さい筋肉がごちゃごちゃと絡まりあっているので、

簡単に深さだけで分けるのは困難だからです。

筋肉の中には自分で意識しても動かしにくいものや運動や生活動作にまったくかかわっていないものもあります。

なのでトレーニングをしても鍛えられない部位もあるということですね。

このサイトで紹介するインナーマッスルというのは、

フリーウエイトなどの一般的な運動で鍛えるのは困難ですが鍛えるとメリットがあるものと思ってください。

どんな働きをしているのか



人の身体って自分が思っているよりも複雑なもので、

階段から降りる、椅子から立ち上がるという何も意識しなくても出来る動作でも、

関節を微調整したり安定させたり体のすべての動きを効率的にかつスムーズに行う必要があります。

もし人の体に膝を伸ばす筋肉、曲げる筋肉、

肘を伸ばす筋肉、曲げる筋肉しか備わっていなければどうなるでしょうか。

もちろんスムーズな動きはできず、安物のロボットのような直線的な動きしかできなくなるでしょう

肘を伸ばしたり曲げたりする動作でも、

関節を上手く回転させてくれる動きがあることで滑らかな動きを再現することができます。

この滑らかな動きに導いてくれるのがインナーマッスルというわけです。

大きな動きの中には必ずインナーマッスルの補助的役割があるということですね。

関節の安定性を高める



人の体が滑らかに動けるのにはもうひとつのインナーマッスルの役割が関係しています。

それは関節が機械のようにガチっと止められていないからです。

例えば人の関節がドアや、公園のシーソーなどのように止めれれていたら、

筋肉がどれだけ柔らかくても肩を回したり、

ダンスなどの複雑な動きも難しくなるでしょう。

なので関節は骨と骨同士がくっついているのではなく、

軟骨や腱などの伸張力のあるものや柔らかいもので構成されており、

動きにあわせて骨の位置を調節できるのです。

でも固定されていなさすぎる状態の関節も滑らかな動きができないので、

身体の動きに合わせて一番適当な位置に骨を保っていなければいけません。

この時に働くのがインナーマッスルで関節を最適な位置に調節しているのです。

インナーマッスルを鍛えるメリット



インナーマッスルの働きは動きを滑らかにするための補助というのを先ほど説明しました。

なのでこのインナーマッスルを鍛えることで補助能力が上がるという事になります。

例を挙げると、

野球をしている人がいるとします。

投げるという動作を行うにはさまざまな動きが絡まりあう非常に複雑な動きで、

直線的な動きではありません。

キャッチャーミットに正確にかつ力強い球を投げるためには、

素早い腰の回転、腕のしなり、足を踏み出す位置などしっかりと調節しないと良い球は投げられません。

微妙なずれでも甘い球になってしまいます。

もちろん他のスポーツでも同じことが言えます。

全てのスポーツは微妙なバランスの違いで結果がかわります。

なので関節の向きを少しだけ変えたり、回転させたりするインナーマッスルを強化してより正確な動きを実現することが理想的といえるでしょう。

スポーツなどをしていない人には関係ないというとそうではなく、

日々の生活の中でもインナーマッスルは活躍しています。

動作に無駄な動きがなくなれば疲れも溜まりにくいですし、

歩いたり立ち上がったりする動きがきれいになり、

良い立ち振る舞いができるでしょう。

もうひとつのメリットとしては、

関節を適切な位置に安定させるということにあります。

部活などでしている筋トレはほぼアウターマッスルを強化するトレーニングで、

アウターマッスルばかりが鍛えられてしまいアンバランスになってしまいます。

そうすると、

インナーマッスルがアウターマッスルの強力な筋力に負けて姿勢が安定しなかったり、

関節を適切な位置に保つことができなくなります。

プロ野球選手なども良くなる疾患で肩関節のインピンジメントという病態があるのですが、

これは骨と骨がぶつかることで起こるもので、

関節が正しい位置に保つことが出来なくなって起きるのです。

更に四十肩などもアウターとインナーのバランスが崩れて起きる場合があります。

インナーマッスルを鍛えるとこれらの病気を予防することもできます。

インナーマッスルを鍛える方法



実際にインナーマッスルを鍛えてみましょう。




まとめ



身体はすごく細いのに運動能力が高い人や、すごいボールを投げる、蹴る人はこのインナーマッスルとアウターマッスルのバランスが取れていて体の使い方が上手いのかもしれませんね。

怪我の防止にも効くのでぜひ時間があるときに鍛えてみましょう。

それではまた。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

にっしー

Author:にっしー
はじめまして
スポーツトレーナーとして働いています
毎日トレーニングに励んでいますので筋トレが大好きという方どうぞよろしくおねがいいたします。
鍛えるのが好きな人はみんな友達をモットーなのでどうぞ見ていってください
筋トレ好きじゃないかたでも誰でも来てくださいね
でも教える側になっておなかのお肉が、、

検索フォーム
Amazon売り上げトップ器具

アーミーダンベル 10kg×2個セット ブラック LEDB-10MT*2 錆びません! [ダンベルトレーニング 筋トレ]

新品価格
¥3,980から
(2015/11/2 20:01時点)

ファイティングロード (FIGHTINGROAD) トレーニングベンチ

新品価格
¥5,940から
(2015/11/2 20:02時点)

XYSTUS(ジスタス) スリムトレーナーTR H-7218

新品価格
¥1,580から
(2015/11/2 20:02時点)

ALINCO(アルインコ) 懸垂マシン FA900

新品価格
¥11,722から
(2015/11/2 20:03時点)

ALINCO(アルインコ) シットアップベンチデラックス FA130

新品価格
¥6,627から
(2015/11/2 20:04時点)

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

新品価格
¥3,984から
(2015/11/2 19:58時点)

ビーレジェンド -be LEGEND- 『激うまチョコ風味』【1Kg】 【高品質ホエイプロテイン】

新品価格
¥3,370から
(2015/11/2 19:59時点)

IROTEC(アイロテック) ストレングスセット100 / ベンチプレス バーベル ダンベル

新品価格
¥50,544から
(2015/11/18 01:01時点)

風神プロテイン 3kg ホエイ・プロテイン・コンセントレート

新品価格
¥7,538から
(2015/11/18 01:03時点)

スクワットラック006A/バーベルクラッチ5段階調整/AND-6006A

新品価格
¥5,600から
(2015/11/18 01:05時点)

BCAA+G1000 レモネード味 1kg [並行輸入品][海外直送品]

新品価格
¥6,000から
(2015/11/18 01:06時点)

DNS BCAAパウダー グレープフルーツ風味 200g

新品価格
¥4,536から
(2015/11/18 01:07時点)

ON BCAA 1000 200粒カプセル 海外直送品

新品価格
¥2,800から
(2015/11/18 01:07時点)

GOLD'S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500

新品価格
¥1,740から
(2015/11/18 01:08時点)

adidas(アディダス) フック リフティング ストラップ ADGB-12140

新品価格
¥2,790から
(2015/11/18 01:09時点)

中旺ヘルス スクワットラック デッドリフト付 FW-5100

新品価格
¥272,160から
(2015/11/18 01:09時点)

筋トレ

上腕二頭筋の筋トレ

上腕三頭筋のトレーニング

前腕の筋トレ

胸の筋トレ

肩の筋トレ

背中の筋トレ

お腹の筋トレ

足の筋トレ

回数とセット数

基礎代謝

女性の筋トレについて

プロテイン

有酸素運動

筋トレ雑学

食事

ストレッチ

モテたい人必見

腹筋の常識を覆そう

トレーニングのやる気アップ

スポンサードリンク
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。